CASE

CASE

エーティーエム建築設計様

エーティーエム建築設計様にてBIMの導入コンサルを行っています(現在進行中)。エーティーエム建築設計様は全棟にSE構法(※1)を採用していただいておる奈良県の工務店です。笹川社長は、これまでの運用してきたCADや見積もりツールの利用方法では、無駄が非常に多いと考えておられました。

※1 株式会社エヌ・シー・エヌが提供する、耐震性にすぐれた木造ラーメン構法

笹川社長、エーティーエム様のスタッフと何度か打ち合わせを行い、問題点は、お客様に提案する際に利用するCAD、実施設計の際に利用するCAD、見積もりシステムと実行積算に利用するソフトが別々になっており、データの連動がなされず、手作業に頼る部分が多い点がだと分析されました。そこで、BIMを利利用し、意匠から実施設計、施工に至るまでのデータを一元化することによって、効率化を目指すことにしました。

 

 

以前の設計フロー

上の図は現行の設計フローです。「手作業」「非連動」の箇所の分だけ無駄が多いことがわかります。このようなフローはほとんどの工務店様、設計事務所様にも当てはまるといえます。そこで、BIMによってデータの一元化を図るため、次のようなフローを考えました。

 

 

BIM導入後の新しい設計フロー

これが新しく考えた設計フローです。「エスキス・間取り提案」からすぐにBIM化をはじめます。ここでBIM化を行うと、手作業・手戻りのないフローが構築できます。 さらにBIMデータは弊社のクラウドサービス「MAKE HOUSE TOOLKIT」(※2)上にアップし管理できます。クラウド上に上げることによって、タブレット端末を利用し現場でモデルを確認したり、積算用のデータを書き出したりなど、様々な活用が可能となります。

※2 「MAKE HOUSE TOOLKIT」は現在β版にて提供中

 

  • 上)Autodesk RevitによるBIMモデリング
  • 下)MAKE HOUSE TOOLKITによる確認画面